コールセンターでの理不尽なクレームで心が壊れる前にすべき対処方法3選

コールセンターで働いていると理不尽なことを言われ、ストレスが溜まるときは多いです。

お客からのクレームで精神的に潰れてしまい、仕事が続けられなくなる人は数え切れません。

コールセンターで長く働き続けるためには、クレームを乗り切る考え方が非常に重要になります。

そこで今回は、厳しいコールセンター勤務を乗り切るための3つのポイントを解説します。

身に着ければ、クレーマーから何を言われても平気でいられるだけの、最強のマインドが手に入ります。

対処法その1:「電話してくる人=全員頭がおかしい」と思っておく

まず、客に対する考え方です。

めちゃめちゃ大事だと思うので、是非覚えておいてください。

「コールセンターに電話をしてくる人は、全員頭がおかしい」と最初から思っておくことです。

だいぶ失礼な言い方ですが、コールセンターで働くためには絶対に必要な考えなのでご了承下さい。

僕が以前働いていた職場の上司は、いつもこう言っていました。

「コールセンターに電話してくるのは、バカかキチガイだけだ。そう思わないとやってられない。俺らの仕事は頭がおかしい連中を相手にすることなんだ」

だいぶ極端な意見ではありますが、的を射ていると思います。

実際には9割の人はまともで、ヤバイ人は1割もいないんですが、、、

心構えとしては全員いかれてると思っておくぐらいで、ちょうどいいんです。

ほとんどの人はまともだと思ってると、クレーマーから電話が来たときにビックリしちゃいますので。

実際、最初は静かなのに、急にキレ始める人とかいます。

「こいつもヤバイヤツかもしれない」と最初から身構えておけば、急に豹変しても驚かずにすみます。

対処2:口先だけで謝る能力を身に着ける

どんなに気を付けていても、突っかかってくる連中は必ず存在します。

僕も少し前にクレーマーに「すみません」といったところ、

『すみませんじゃねーだろ!申し訳ございませんだろ!口の聞き方わかんねーのかよ!』

といきなりキレられたことがあります。

ほかにも「話し方が気に食わない」とか「バカ」とか「ボケ」とか色々言われますが、これを真に受けても仕方ありません。

相手は頭がおかしいので、日本語は通じないのです。

反論もせず、反省もせず、口先だけで謝りましょう。

「大変申し訳ございません。お客様のご意見は大変勉強になりましたので、今後の対応を改善させていただきます。」

とかなんとか言ってごまかすのです。

目標はただ一つ、電話を切らせることのみです。

もちろん、心の中一切反省なんかしてませんよ。心の中では「このクズが!〇ね」と思ってます笑

かなり腹黒いですが、このぐらいじゃないとコールセンターの仕事なんてやってられないのが現実です。

実際、僕だけじゃなくて周りのオペレータも、電話が終わった瞬間に「〇ね!」とかよく言ってますからね。

電話してくる相手がまともじゃないのですから、まともに対応していたら精神が持ちません。

腹黒さを身につけましょう。

何を言われても一切反省しないのがコツです笑

対処方法3:それでもだめなら転職

もはや対処方法とは言えないかもですが、、、

やはり転職するのは最強の解決方法の一つです。

コールセンターは9割以上の人が半年以内に心が折れて辞める、過酷な職場です。

・バカと言われようが、

・アホと言われようが、

・死ねと言われようが

数分後には忘れてニコニコしてられるような人にしか勤まりません。

このような特殊能力が無いと長く働くのは難しいので、9割以上の人は無理です。

つまりずっと働き続けられるとは考えず、転職するしかないタイミングが来ると思っておいたほうがいいということです。

転職のために動くタイミングはいつがいい?

コールセンターがきつい場合、転職のために動き始めるのはいつ頃がいいでしょうか?

答えは「今すぐ動いたほうがいい」です。

理由としては、メンタルが限界を迎えるときはいきなり来るからです。

「まだまだ大丈夫」と我慢していると突然限界を迎え、退職に追い込まれるのはよくあるパターンです。

職場に行こうとすると腹痛に襲われたり、体が震えて出社できなくなる人もたくさんいます。

こうなってしまうと、無職のまま仕事を失い、経済的に追い込まれてしまい最悪なことになります。

一人暮らしであれば家賃が払えなくなって家を失ったり、路上生活になる恐れもあり絶対に避けなければいけません。

コールセンターは精神に負荷をかける仕事なため、こういうリスクが高く、常に転職の準備はしておくべきなのです。

とりあえず見ておくだけでも気晴らしになる

求人サイトは、登録して求人を眺めたりストックしておくだけでも、リラックスになります。

「いつでもほかの選択肢を選べる」「逃げる場所がある」という事実を認識することで、精神的な逃げ場ができるからです。

僕自身もコールセンターで働きながら、休憩時間などに常に転職サイトを見ていますが、かなりストレス解消になってます。

無料なのでとりあえず登録しておきましょう。

というわけで、とりあえず求人サイトには登録しておきましょう。

登録しておけば、コールセンターはもちろん、様々な業種の求人を見ることが出来ます。

それだけでも「選択肢は色々ある、やばくなったらいつでも辞められる」と心を落ち着かせることが出来ます。

おすすめ求人もたくさん届くので、今のあなたが想像もしていないような新しい可能性も切り開けるかもしれません。

そして、やってみたい仕事が見つかったら精神が壊れる前に転職してしまえばいいのです。

オススメの求人サイトはこちら

というわけで、とりあえず求人サイトには登録しておくべきです。

5分でサクッと登録だけして、いつでも動けるようにしましょう。

求人を探すには、大きく2つに分けると、転職エージェントと転職サイトがあります。

転職エージェントは、担当のコンシェルジュがあなたの希望や職歴を考慮し、仕事選びから面接まで面倒を見てくれるイメージです。

一方転職サイトは、自分で色々な求人を探し、自ら応募していくスタイルの求人媒体です。

確実に転職をしたい場合は転職エージェント、とりあえず気軽に色々な求人を見たい場合は転職サイトに登録がおすすめです。

オススメの転職エージェントはリクルートエージェント

「コールセンターから仕事を変えたいけど、どんな仕事が向いているかわからない、、、」

というあなたはリクルートエージェントを使ってみるといいでしょう。

リクルートグループが運営してますので、安心安全です。

あなたの性格や職歴、希望からオススメの求人を専属のコンシェルジュが紹介してくれます。

「コールセンターは嫌だけど、どんな仕事が自分に向いているかわからない。」

「どんな仕事が向いているか、プロに提案して欲しい」

という場合はこちらを使うといいでしょう

⇒リクルートエージェントはこちら

オススメの転職サイトはリクナビネクスト

とりあえずいろいろな求人を見たい場合は、転職サイトがいいです。

オススメは、リクナビネクストです。

超大手のリクルートが運営しているだけあり、ここにしかない求人も多く、圧倒的な求人の数が魅力です。

業種検索、地域検索で色々な求人を見て「次はこんな仕事もいいかも」と妄想するだけでも楽しいので、非常にオススメです。

スカウト登録すると企業から直接のスカウトも来ますので、思いがけない業界への転職の道も開けるかもしれません。

⇒リクナビネクストの登録は今すぐこちら